2次元のタッチ操作を可能とする 3Dオブジェクト

概要

概要:スマートフォンやタブレット端末などの普及にともない,静電容量式タッチパネル上での導電性素 材を介したタッチ入力手法を用いたインタラクションが数多く提案されてきた.しかし,既存手法では導 電性素材が接触している特定の箇所においてタッチ入力を発生させるか,スクロールのような直線動作の タッチ入力を発生させることしかできず,単純な操作しか実現できなかった.そこで,本研究では 3D オ ブジェクト表面に配置した「導電性の点群」を介することでタッチ入力を発生させる手法を検討する.こ れにより,3D オブジェクト上で行われた操作をタッチパネル上に伝え,手書き文字入力やポインティング など自由自在な 2 次元のタッチ操作が行える.提案するオブジェクトは 3D プリンタによって容易にプロ トタイピングできる.また,本研究では提案した 3D オブジェクトによるタッチ認識精度および入力デバ イスとしての性能評価を行い,その有用性を示した.

Abstract

In recent years, several studies have adopted a variety of approaches for the realization of inter- faces based on capacitive touch panels. We propose the use of a 3D-printed object that a user can use as a 2-dimensional touch input area. Our technique can generate a continuous touch input by using “multiple conductive points” on the face of the 3D-printed object. This technique also enables a variety of touch operations on a 2D planar area (e.g., hand writing input, and pointing tasks). By bending the wiring or changing the interval at which the conductive materials are printed, a wide range of touch interfaces can be realized. We describe the conditions required to create our 3D-printed object and evaluate the recognition accuracy of the touch operations. In addition, we also describe an experiment that we conducted, involving a pointing task, to evaluate the performance of the 3D-printed object when used as a track pad.

Publications

  1. 加藤 邦拓, 山中 祥太, 宮下 芳明. 2次元のタッチ操作を可能とする 3Dオブジェクト. 情報処理学会論文誌, Vol.59, No.2, pp.670–680, (2018). 【特選論文】[Link] [PDF]
  2. 加藤 邦拓, 山中 祥太, 宮下 芳明. 2次元のタッチ操作を可能とする 3Dオブジェクトのプロトタイピング手法. インタラクション2017 論文集, pp.77–86, (2017). 【ベストペーパー候補】[Link] [PDF]
  3. Kunihiro Kato and Homei Miyashita. 3D Printed Physical Interfaces that can Extend Touch Devices. In Adjunct Proc. of UIST 2016, pp.47–49, (2016). [DOI] [PDF]