Projects‎ > ‎

紙窓


Abstract
本研究で提案する「紙窓」は静電容量式タッチパネルディスプレイ上に押さ
えつけるだけでアプリケーションを起動し,使用可能な紙製のインタフェースである.穴の空けられた,もしくは一部が透明になっている紙をタッチパネルディ
スプレイ上に置くことで,紙の内側にアプリケーションが表示される.ユーザはインタフェースの内側に表示された情報を直接タッチすることでアプリケーションを操作することができる.導電性インクによって複数の導電部を印刷することで,静電容量式タッチパネル上でマルチタッチを発生させ,インタフェース位置の認識,識別を行う.導電部同士を繋ぐ線を極力細く印刷することで,任意の箇所でのみタッチイベントを発生させることを可能とした.


Publications
  • 加藤 邦拓, 宮下 芳明. 紙窓: そこに置くだけで操作可能なカードインタフェース. 第21回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS 2013) 論文集, pp.163-164, (2013).
  • 加藤 邦拓, 宮下 芳明. 導電性インク複合機を用いたマルチタッチパターン生成手法. 報処理学会研究報告 ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), Vol.2014-HCI-157(29), pp.1-6, (2014).
  • 加藤 邦拓, 宮下 芳明. 紙窓: カード内領域を独立したタッチパネルディスプレイのように扱うイン タフェース. ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.17, No.3, 特集「ディスプレイ再考」, pp.245-254, (2015).
Comments